福岡県八女市にある八女筑後看護専門学校

准看護科

在校生・卒業生の声

准看護科在校生の声

在校生

私は高校時代に参加した看護体験が印象強く、看護職に興味を持ち、本校に入学しました。 実技テストや実習を通して練習や復習を重ねるだけ、技術や知識が自分のものとして身につく感覚を実感しました。また、この経験を基に、日々自己研鑽することが患者さんに看護を提供する上で欠かせないということを学びました。 これからの実習や学校生活では経験したことや学んだことを確実に習得して、自分の言動に責任と自信を持てるよう一つ一つの物事に真摯に取り組んでいきたいです。 

准看護科在校生の声

在校生

私は、以前病院のリハビリトレーナーとして働いたときに看護師の方々が手際よく処置されているのを見て、私自身も患者さんに一人一人と向き合い、支えられるような看護師になりたいと思い目指しました。年齢や久しぶりの勉強でついていけるのか、クラスに馴染めるのか不安が大きくありましたが、学友と励まし合うことや先生方からの助言や指導のおかげで、目標を見失うことなく前進することができました。 病院実習では、実際に患者さんと関わることで、座学だけでは学べないことがあり、まだまだ勉強や技術が不足していると実感しました。 さらに勉学に励み、先生方から教えて頂いた「安全、安楽な援助」を患者さんに提供できるように頑張っていきます。

准看護科卒業生の声

卒業生(進学)

私は本校准看護科を卒業し、看護科へ進学しました。准看護科では、先生方が熱心に技術練習の指導や試験に向けてのサポート、進学に向けて面接の練習をして下さったおかげで資格試験に合格し看護科へ進学することが出来ました。 また、進学してもすぐに准看護科の先生方にお会いすることもできるため、安心して学校生活を送ることが出来ています。現在、グループワークや実習、課題に追われ大変な毎日ですが、同じ目標を目指す仲間がいることで頑張ることが出来ています。  

准看護科卒業生の声

卒業生(就職)

私は介護福祉士として働いていましたが、看護師になる夢を諦めきれず本校の准看護科へ入学しました。久しぶりの学業と子育てとの両立は思っていた以上に厳しく何度も挫折しそうになりました。しかし、クラスメイトとの支え合いや先生方も親身に相談に乗って下さり、個人に合わせた指導をして下さる事で乗り越える事が出来ました。 現在、私は柳病院に就職していますが、在学中に身につけた知識や技術、さらに看護観を深めながら准看護師として自己研鑽していきたいと思います。  

看護科

在校生・卒業生の声

看護科在校生の声

2年生

入学当初は新しい環境に馴染めるのか、専門的内容の講義についていけるのかなど不安はありましたが、今では学校の環境にも慣れ、同じ夢を持つ仲間同士互いに切磋琢磨しながら日々勉強に励んでいます。また、クラスメイトには様々な年代や経験を積んで来ている人がいて、沢山の知識や考え方を吸収し協力して苦難を乗り越えることもできています。

看護科在校生の声

2年生

県外の准看護学校を卒業し、看護師の資格を取得するためにこの学校に入学しました。2年過程のカリキュラムのため、授業内容が凝縮されており、課題やグループワークが多いと感じることもあります。しかし、勉強に集中することができる環境が整っている事がこの学校の魅力だと感じています。同じ目標を持ったクラスメイトと協力しながら、頑張ることができています。また、看護の勉強のみならず教科外活動も沢山あり、人として成長できる学校だと思います。

看護科在校生の声

2年生

通学距離があることから、入学当初、体調を崩すことがありました。しかし、同じ条件の学生や自立した生活を送る学生、子育てしながら通う学生と出会い、きついのは私だけではないと思い、年間乗り切ることができました。学校生活では、自分の苦手分野はクラスメイトと一緒に克服し、知識・技術の習得に取り組んできました。先生に答えを求めるのではなく、生徒同士でお互いにフォローし合い、考え方を見つけていくスタイルが魅力の学校です。

看護科卒業生の声

卒業生

私は5回生として卒業後、久留米大学病院で勤務し、現在はクリニックで地域医療、看護、リハビリの運営管理を行っています。 近年患者様の状態は複雑さを増し、またその支援方法も多様化してきています。そこには「感じ取る能力」すなわち看護師の感性・人間性が重要であると考えます。 本校の理念では、こころを大切にできる看護者を育成するという言葉があります。こころに耳を傾ける教育を受ける事ができ、看護師としても、人としても成長できた気がします。
感性豊かな看護師が誕生し、一緒に働ける事を楽しみにしています。

看護科卒業生の声

卒業生

学生の時、私にとって実習は大きな壁でした。明日は初期計画発表日。しかし書く事ができず先生に相談すると「完璧を書かなくていい。自分が考える事を書けばいい。それから修正していけばいい。」と指導を受け、私の何かが解け初期計画を終える事ができました。
自己の努力と先生方の指導力、クラスメイトの仲間力、自習が可能な広い図書室など恵まれた学習環境が後押しとなり、私は最後まで頑張ることができました。
そして国家試験全員合格に繋がったと思います。