福岡県八女市にある八女筑後看護専門学校

八女筑後看護専門学校が選ばれる理由

准看護科

求めていた自分になるためのスタート

午前9時からの出校のため、ゆとりある教育環境の中で学ぶことが出来ます。
学生1人ひとりの個性を大切にした教育を実践しています。

准看護科の特徴

8年連続100%合格達成

試験対策をおこないながら
看護の基礎を身につけます

年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度
本校  100% 100% 100% 100% 100%
全国 98.4% 98.2% 98.9% 97.9% 96.6%
看護専門課程への進学率70~80%

本校看護科への高い進学率
(本校への推薦枠あり)

八女筑後看護専門学校
久留米医師会看護専門学校
医療福祉専門学校 緑生館   など

本校近郊への実習

八女市及び八女市近郊で実習をおこないます。

公立八女総合病院
筑後市立病院
姫野病院
筑水会病院   など

在校生・卒業生の声

准看護科在校生の声

1年

クラスメイトは10代から40代と年齢層が幅広く、入学してすぐはやっていけるのか心配でした。1か月たった今皆と仲良く楽しく学校生活を送っています。
本校の先生方は、一見怖そうに見えますが、学生の良いところは誉め、悪いところはきちんと叱ってくれます。先輩方も優しく八女看に来てよかったと思っています。

准看護科在校生の声

1年

本校の教育理念に強く共感し、社会人入試を受け入学しました。
小学生と1歳の3人の子育てをしながらの勉強は大変ですが、家族や先生方・仲間の支えがあって頑張ることが できています。
同じ目標に向けて、仲間との勉強は楽しいです。

准看護科在校生の声

1年

私は高校卒業後、介護施設で働いていました。しかし、そこで働く看護師の知識や技術に 憧れをもつようになり、自分も看護師を目指してみたいと思い入学しました。  
入学時は年齢層も幅広く、上手くやっていけるのか心配でしたが、年齢が違うからこそ 学ぶものがたくさんあり、日々学校に行くことが楽しくなっています。これから、クラスメイト全員で同じ目標に向かって頑張っていきたいと思います。

准看護科在校生の声

1年

私は、会社勤めをしていましたが、人と関わる仕事がしたいと考えており、看護師になりたい気持ちがずっと心の中に残ったままでした。その私が、受験を決めたのは、入院した際に看病してくれた男性の看護師の姿を目の当たりにし、男性にとっても素晴らしい仕事だと確信したからです。今、クラスメイトにも恵まれ勉強面では先生方がわかりやすく講義をしてくださるので、看護師になり恩返ししたい気持ちになります。
新しいことを学ぶ楽しみを覚え、自分自身が日々成長できる環境にあると実感しています。これからも大変だと思いますが、クラスメイトや先生方に協力を得ながら頑張っていきます。

准看護科在校生の声

2年

昨年、高校を卒業しすぐに入学した私は、医療の世界について何もわからず、不安でいっぱいでした。しかし、1年過ぎた今、同じ目標に向かって頑張るクラスメイトが私にとって 心強い存在となりました。看護においてチームワークはとても大切です。1年次のグループワークを通して様々な価値観や考え方があり、共感・協調することの大切さを学びました。  
また、基礎看護実習では患者さんに初めて接し、「これからも頑張ってね」と言って頂いた際には、自分の大きな喜びや自信となり人間的にも成長できたと実感しています。 2年生になり、もうすぐ、実習が始まります。10月迄の成人・老年・母子・精神看護実習 で体験を重ね、更に看護の学びを深めていきたいと思います

准看護科在校生の声

2年

入学当初は、久しぶりの勉強で頭がついていけるのか、子育てと学校の両立が上手くいくのかと、不安だらけの日々を過ごしていました。
しかし、クラスメイトの先輩ママ達から のアドバイスや家族の支え、先生方からの心強いサポートのお蔭でテスト、実習と1年間頑張る事ができました。
幅広い年代の人達と切磋琢磨し、同じ目標に向かい看護を学ぶ環境は、学生時代・社会人では経験できなかったことです。
30代になっても人は成長できるのだと実感し、充実した毎日を過ごしています。

准看護科在校生の声

2年

私は入学する前、接客業を15年程していました。将来の自分は、人の役に立てる人で 在りたいと一念発起し、1年間必死で勉強、貯金をして入学することができました。  
入学当初は、学習や人間関係の不安から泣きながら通学していましたが、友人もでき、 些細な質問にも丁寧に応えて下さる先生方にも恵まれました。以前の自分と比べ、大きく成長できたと実感しています。
自分の身体なのに知らない事が多く、その疑問が晴れることがとても楽しいです。これからも日々精進し、更に大きく成長していきたいです。

准看護科在校生の声

2年

昨年1年間を振り返ると、テストや実習でとてもきつかったですが、良く頑張れたなと思います。基礎看護実習では、チームワークや報告・連絡・相談の大切さを改めて実感しました。患者さんとコミュニケーションをとり、患者さんの気持ちを知るためには、寄り添い心の声を聴く、小さな変化にも気づけるような観察力をもつことが大切だとわかり、自分の中で大きな成長に繋げることができました。
1年間頑張ことができたのは、家族や先生方の支えがあったからだと思います。これからの1年は、支えてくれた方々へ恩返しができるように、日々の学習を頑張っていきたいと思います。

准看護科卒業生の声

卒業生

私は今年本校を卒業し、柳病院に就職しました。現在、病院で働くにあたり本校で学んだことが主軸となっています。
本校の魅力は、先進医療を学びやすい環境にあり、生の現場の声を聞けることにあります。実習病院が近隣にあり、そこで学ぶことができるのです。また、現職の医師や看護師の講義で、准看護師試験に必要な知識だけでなく、現場で要求される多くのことをダイレクトに知る事ができます。多くの病院との学習提携がある本校では、就職を考える際、自分に合った病院を選ぶことができ、その目標に向かう為に、先生方が熱心に向き合ってくれます。それは、知識・技術に限ったものではなく、一人一人の精神面のサポートもして下さるので、私自身も自分らしく学校生活を送る事ができました。
准看護師という資格をとって、次のステップへ行くためのアシストをしてくれる環境が揃っているのが本校の魅力だと私は思います。

准看護科卒業生の声

卒業生

私にとって准看護科での2年間は、准看護師としての知識や技術の習得はもちろんの事、人として成長できた2年間だったと思います。学習面では、グループ学習が多く取り入れられており、日々の講義やテスト、資格取得のための学習で分からない事があるときに、互いに助け合い学習することで、より多くの知識を得ることができました。実習では、心が折れそうになったこともありましたが、優しく時には厳しい先生の指導やアドバイス、そして何より共に実習を頑張るクラスメイトの支えがあり、准看護師になる上で必要な知識・技術・態度を学ぶことができました。そして、学校生活をとおして、優しく美しい?先生方から自分の行動に責任を持つことや、相手を思いやる気持ちを教えて頂きました。 
私は今、八女筑後看護専門学校の看護科に進学し勉強をしています。准看護科の2年間で学んだことを活かし、自分の理想とする理想の看護師になれるように頑張っています

奨学金制度

福岡県・熊本県修学資金

福岡県看護師等修学資金は、県内の保健師、助産師、看護師及び准看護師の養成施設に在学する方で、将来、県内の定められた施設において、看護業務に従事する方に対し修学資金の貸付を行なっております。

福岡県教育文化奨学財団

公益財団法人 福岡県教育文化奨学財団による奨学金。社会に有為な人材の育成を目的として、勉学意欲がありながら経済的理由によって修学が困難である方に対して、奨学金等の貸与事業を行っています。

江口姉妹基金

福岡県内にある17か所の医師会立准看護師養成所に在籍する学生に給付する奨学金。各養成所の各学年から1名が、養成所の長の推薦を受け申請書を提出する。学業成績や保護者の収入状況などを考慮して、給付を決定いたします。

看護科

看護の基本をしっかり学ぶ

准看護師の免許を持った人たちが看護師になるための養成課程です。
2年間の全日制で学習環境が整っています。卒業時に「看護師国家試験受験資格」と「専門士」の称号が付与されます。

看護科の特徴

国家試験対策 徹底サポート

国家試験対策として、模擬試験の実施や個別指導など、サポート体制を万全に整えています。それに伴い例年高い合格率を誇ります。

年度 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
本校  100% 100% 95.2% 92.9% 100%
全国 89.8% 90.0% 89.4% 88.5% 91.0%
就職率100%

卒業後は八女市・筑後市の公的病院をはじめ、県内外の大学病院・総合病院などに就職する卒業生がほとんどです。

卒業生就職状況【過去の実績】

【八女・筑後】
・公立八女総合病院
・筑後市立病院
・筑水会病院
【久留米】
・古賀病院
・聖マリア病院
・久留米総合病院
【大牟田】
・大牟田市立病院

【福岡】
・九州医療センター
・九州がんセンター
【佐賀】
・国立病院機構 佐賀病院
・佐賀県立病院 好生館
【熊本】
・熊本医療センター
・熊本赤十字病院
・山鹿市民医療センター
【東京都】
・日本大学医学部附属板橋病院
・国立がん研究センター中央病院

助産師・保健師を目指しての進学

毎年、助産師や保健師を目指して進学する学生を若干名排出しております。

進学状況【過去の実績】

【保健師養成】
・広島文化学園大学 3年次編入
・聖マリア学院大学 3年次編入
・長崎大学 3年次編入

【助産師養成】
・熊本保健科学大学
・佐賀県立総合看護学院 助産学科
・熊本看護専門学校 助産学科

在校生・卒業生の声

看護科在校生の声

1年生

菊池郡市医師会立看護高等専修学校卒

毎日熊本から通学していますが、無理なく通えています。勉強は准看の頃より求められるものは増えますが、その分学びになり、根拠がわかり考える力を養える学校です。
研修室や図書室など環境も整っており、自ら学習することができます。

看護科在校生の声

1年生

八女筑後看護専門学校 准看護科卒

社会人から看護の道へ入った私にとって、二年間の全日制で行けるこの学校は経済的な面から見て、とても助かりました。
実習場所となる病院においても学校から近場なので、自己学習への時間がとれることも魅力の一つです。

看護科在校生の声

1年生

久留米医師会看護専門学校 准看護科卒

単に知識や技術を身につける学習ばかりではなく、様々な教科外活動が193時間組み込まれているため、刺激を受け、自身の視野を広げながら学びができています。
またグループワークも多いため、自然と協調性や主体性が養われ、成長に繋がる環境にあると思います。

看護科在校生の声

1年生

鳥栖三養基医師会立看護高等専修学校卒

入学して数か月ですが、准看の時と比べると課題が多く、考えることも多いので大変だと感じますが、クラスメイトも意識の高い人多く、先生方も熱心な方ばかりなのでとても成長できる環境だなと感じています。
2年間頑張れそうです。

看護科在校生の声

2年

八女筑後看護専門学校 准看護科卒

本校ではグループワークが多く大変なことがありますが、さまざまな世代や出身校の方が集まっているということもあり新しい学びや発見も多いです。
また、先生方も熱心な方ばかりで親身になってサポートしてくれます!

看護科在校生の声

2年

柳川山門医師会看護高等専修学校卒

准看護学校卒業後、4年間病院に勤務し、看護師の資格を取得する為、学校へ入学しました。
初めは不安がありましたが、クラスのみんな看護に対する意識が高く、演習や実習を一緒に頑張る仲間がいるからとても楽しいです!

看護科在校生の声

2年

八女筑後看護専門学校 准看護科卒

准看護科よりも高度な知識と技術を学習するため、大変なことがたくさんあり、逃げ出したくなる時もありました。
しかし、友人と共に学習することで多くの事を学ぶ事が出来、今では有意義な学校生活を過ごしています!

看護科在校生の声

2年

大牟田医師会看護専門学校 准看護科卒

宿泊研修があり、他学校の人ともすぐに仲良くなり、友人関係を深める事が出来ます。また、チューター制で先生が勉強だけでなく精神面に対しても相談にのってもらえ、1人で悩まずに楽しい学校生活を送る事が出来ます!

看護科卒業生の声

1回生 卒業生

私は、第1回生として本校を卒業し、柳病院に勤務、現在は在宅医療に従事しています。縁あって同窓会世話人、非常勤講師として母校と関わらせていただいています。 
本校の良いところは、長く勤務されている先生が多く卒業生が専任教員、講師、実習指導者として教育に携わっているので『親身になった指導』が伝統として根付いていることだと思います。国家試験の合格率が高いのもアットホームで時には厳しい専任の先生方の指導の賜物だと思います。 本校で学んで地域医療に貢献し、この伝統を引き継ぐ後輩が増えることを願っています。

看護科卒業生の声

11回生 卒業生

在学中はテストや実習、グループワークなど大変な事もありましたが、友達や先生方に支えられ楽しく学生生活を過ごすことが出来ました。  
現在、私は助産師として勤務しています。助産師を目指すきっかけとなったのは、実習でお産を見学したことです。お産に立ち会いお産の素晴らしさを感じることが出来ました。そして、就職しNICUにて勤務をする中で、助産師になりたいという思いが強くなり、3年間臨床で働き助産師の道を目指しました。
助産師の学校でも、看護科で学んだ看護技術やアセスメント力がとても活かされました。現在、助産師としてたくさんのママや赤ちゃんのサポートが出来ることが私の励みで喜びです。

奨学金制度

福岡県・熊本県修学資金

福岡県看護師等修学資金は、県内の保健師、助産師、看護師及び准看護師の養成施設に在学する方で、将来、県内の定められた施設において、看護業務に従事する方に対し修学資金の貸付を行なっております。

日本学生支援機構

公益財団法人 福岡県教育文化奨学財団による奨学金。社会に有為な人材の育成を目的として、勉学意欲がありながら経済的理由によって修学が困難である方に対して、奨学金等の貸与事業を行っています。